寄付について

貧しい国にできること5選

貧しい国にできること5選!あなたにも貧しい国にできることがあります

こんにちは、発展途上国支援サイトです。
今回は貧しい国にできることについて徹底解説していきます。
貧しい国に対して具体的にできることを知りたい方は是非チェックしてください。

貧しい国にできること5つ

貧しい国にできること

ではさっそく、貧しい国にできることを具体的に見ていきましょう。

  1. 国際情勢を知る
  2. イベントに参加する
  3. スタディーツアーに参加する
  4. ボランティア活動に参加する
  5. 寄付や募金をする

貧しい国にできること①国際情勢を知る

国際情勢を知ることも、貧しい国にできることのひとつです。
複雑化しているアフリカの経済社会事情や、国際協力の実状について知ることで、貧しい国現状理解に繋がります。
また、自力で調べることで知識も増えますし、新しい発見があれば周りに発信することで、周りの理解へも繋がるでしょう。
あなたを中心に、貧しい国の支援に関心を持つ人が増えたら、それだけでも貧しい国に対しての支援になるかもしれません。

貧しい国にできること②イベントに参加する

支援団体が開催しているイベントに参加するのもいいでしょう。
イベントに参加すれば、貧困問題に対して実際にどんな支援が行われているのかがわかります。
国際協力関連のイベントは、下記のようなものが有名です。

  • 10月6日:国際協力の日
  • 12月5日:国際ボランティアデー
  • 9月、10月開催:グローバルフェスタ

都合があえば、一度参加してみるとよいでしょう。
多くの団体や機関がブースを設けてパネル展示をしたり、舞台に上がってパフォーマンスをしたり、お祭りのようなイベントになっているんですよ。
イベントに楽しく参加しながら、貧しい国への支援について学べるはずです。

貧しい国にできること③スタディーツアーに参加する

貧しい国にできること、スタディーツアー

実際に貧しい国に訪れて支援現場の状況を肌で感じたい、何かしたいと考えている場合は、スタディーツアーに参加もおすすめです。
貧しい国への支援に取り組んでいる多くの団体が、スタディーツアーを企画しています。
限られた時間内で、活動現場を効率よく視察できるようにしてあるため、個人で見学するよりも数多くの情報を知れるのが特徴です。
スタディーツアーに参加すれば、スタッフが同行して、安全に支援活動が行えるでしょう。

貧しい国にできること④ボランティア活動に参加する

寄付という形ではなく行動で貧しい国を支援したいという方には、ボランティア活動もおすすめです。
たとえば国際医療ボランティア団体の特定非営利活動法人ジャパンハートでは、海外医療・国際協力ボランティアを募集しています。
こちらでは貧困・医師不足によって十分な医療を受けられないミャンマー・カンボジア・ラオスの人を対象としたボランティア活動へ参加できます。

貧しい国にできること⑤寄付や募金をする

一番手軽に貧しい国にできるこのが寄付や募金をすることです。
多くの団体が寄付や募金を集めて、貧困な状況下で支援を必要としている人たちに援助できるプログラムを用意しています。
寄付や募金はこのようなプログラムを支援するとても有効な手段のひとつですよね。
イベント参加やツアー参加が難しい場合は、是非気軽に取り組める寄付や募金をしてみてください。
小さな支援も集まれば大きな支援に繋がります。

発展途上国に寄付する

貧しい国にできること5つまとめ

今回は貧しい国にできること5つを紹介しましたがいかがでしたか?
世界には数多くの貧しい国が存在し、そこには十分な生活を送れない人たちが数多くいます。
もし本記事を読んで少しでも寄付活動をしてみたい方は、下記のページをチェックしてみてくださいね。

発展途上国に寄付する

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。